コーヒー 摂取量

コーヒーの適性摂取量

コーヒー,摂取量,コーヒーダイエット

コーヒーはリラックスできる飲み物として人気です。

 

しかし、コーヒーに含まれるカフェインなどを考えると、適正な摂取量はどのくらいなのか気になりますね

 

ここではコーヒーの適正摂取量について探ってみたいと思います。

 

コーヒーは、抗酸化作用のあるポリフェノールを含む健康的な飲料です。
最近ではコーヒーに含まれるカフェインの脂肪燃焼をたすける働きを利用して、有酸素運動などと組み合わせるダイエット法も人気があります。
コーヒーは血栓が作られにくい、血糖値の上昇を抑制して糖尿病予防を応援するなどの良い効果が期待できる飲み物ですが、いくら体によいといっても飲み過ぎは気になります。

 

医学的に見ると、コーヒーには定まった適正摂取量はありません。
ほかの一般的な飲料と同様、特にこれ以上飲んではいけないという量はないようです。

 

ただし、「過ぎたるは及ばざるが如し」のコトワザのように、度が過ぎれば健康に問題が出てくるかもしれません。
ある調査では、特に疾患のない健康な成人の場合、コーヒーの長期的な摂取量の目安は1日に10〜12杯以内が適当という結果が出ており、もし立て続けに飲む場合は3杯程度におさめておくのがいいそうです。

 

もちろん、これは1日に10〜12杯以上のコーヒーを飲んではいけないという意味ではなく、1日に60杯以上コーヒーを飲んでも何の問題も起こらない人もいます。
上記にご紹介した摂取量はあくまで目安として、ご参考してみてはいかがでしょうか。


コーヒーの適性摂取量関連ページ

コーヒーの歴史
人類がコーヒーを飲み始めたのはいつ頃からなのでしょうか?ここではコーヒーの歴史について書いています。
コーヒーの種類
コーヒーの種類は40以上にも及びます。あなたの好みのコーヒーはどれですか?
日本人とコーヒー
日本人は大のコーヒー好きです。そんな日本人とコーヒーの関係について調べてみました。
コーヒーが及ぼす悪影響
コーヒーといえども、体に良いことばかりではありません。悪影響もありますので、ここで述べるような症状がある場合は飲み過ぎに注意しましょう。