コーヒーが及ぼす悪影響

コーヒーが及ぼす悪影響

コーヒー,コーヒーダイエット

コーヒーが人間の体に及ぼす悪影響とは何なのでしょうか?

 

コーヒーの悪影響として考えられるのが、
胃酸が要因となる消化性胃潰瘍です。
消化性胃潰瘍とは、自分自身の胃酸やペプシン(消化酵素)で胃の粘膜が傷つけられる症状をいいますが、コーヒーが原因でこの症状が出る場合があります。
コーヒーには健胃作用もあるのですが、体質に合わないという人もいるようです。

 

コーヒーの悪影響といえるのが、コーヒーに含まれたタンニンという物質が鉄イオンと結びついて起こる貧血です。
タンニンと鉄イオンが結び付くと難溶性の物質に変化し、貧血の原因となる鉄分の吸収阻害が起こる場合があり、特に質の悪いコーヒーを摂取した場合に見られる症状です。
貧血になりやすい人はできるだけ良質のコーヒーを利用するか、または食後30分以内はコーヒーを控えるようにするといいでしょう。

 

コーヒーが及ぼす影響のひとつとして、よく取り上げられるのが発がん性の問題です。
この発がん性の問題に関しては、現在のところコーヒーに含まれるアクリルアミドという物質が注目されており、おそらく発がん性があるのであろうという観点から研究が進められています。
ただし、このアクリルアミドはご飯やパン、ポテトチップスなどにも含まれており、コーヒーに含まれているのは微量だということです。
この件に関しては今後の研究による解明を期待したいですね。

 

もうひとつのコーヒーの影響としては、口臭の問題が挙げられます。
コーヒーやお茶、紅茶などにはタンニンやクロロゲン酸などの渋みの元である成分が含まれていますが、この成分の影響で口臭が発生しやすいといわれています。
これを防ぐためには、コーヒーなどを飲んだ後、水やぬるま湯で口をすすぐといいそうです。


コーヒーが及ぼす悪影響関連ページ

コーヒーの歴史
人類がコーヒーを飲み始めたのはいつ頃からなのでしょうか?ここではコーヒーの歴史について書いています。
コーヒーの種類
コーヒーの種類は40以上にも及びます。あなたの好みのコーヒーはどれですか?
日本人とコーヒー
日本人は大のコーヒー好きです。そんな日本人とコーヒーの関係について調べてみました。
コーヒーの適性摂取量
コーヒーがダイエットや健康に良い飲み物だといっても飲み過ぎは気になります。コーヒーの適正摂取量はいったいどのくらいなのでしょうか。