コーヒー カフェイン

コーヒーとカフェイン

コーヒー,カフェイン,コーヒーダイエット

「朝の目覚めの1杯はコーヒーに限る」という人は少なくありません。

 

仕事で残業のときや受験勉強のときの眠気覚ましに、熱いコーヒーを飲むという人も多いかもしれませんね。

 

これは、コーヒーに含まれているカフェイン成分が眠気を取り除いてくれるためで、美味しく飲めるうえ即効性があるのが特徴です。

 

コーヒーのカフェインは、人間の脳にあるアデノシンという睡眠物質の活動を抑制する働きをもっています。
このアデノシンが、脳の視床下部に存在するレム睡眠中枢に働きかけると人間は眠気を誘われるのですが、カフェインはこのアデノシンの働きを抑えてくれるのです。
そこで、「コーヒーを飲むと眠気が覚める」ということになります。

 

また、コーヒーのカフェインは、脳内に徐々に溜まっていって細胞に作用するのを妨げる働きがあるため、「コーヒーを飲むと覚醒感があって眠りたくなくなる」という状態が起こります。

 

カフェインは即効性があることでも知られていますが、特にコーヒーをホットで飲むと吸収速度がとても早いのが特徴です。
口から飲んだコーヒーのカフェインは、約45分後にはそのほとんど(99%)が胃と小腸で吸収されます。

 

コーヒーを飲んでから、血液中のカフェイン濃度が最大になるまでの時間は15分から2時間程度ですが、ホットコーヒーの場合は1時間以内に最大値に到達します。
アイスコーヒーの場合は1〜2時間かかりますので、早くカフェインの効果を得たい場合はホットコーヒーのほうがいいということになります


コーヒーとカフェイン関連ページ

コーヒーの栄養とカロリー
コーヒーの栄養とカロリーについて解説。コーヒーダイエットはコーヒーが基本です。栄養やカロリーについて知っておきましょう。
コーヒーの効果
コーヒーの効果について解説。リラックス出来る効果やダイエット効果だけでなく、様々な健康効果が期待できます。
コーヒーのアロマ効果
コーヒーの香り(アロマ)を嗅ぐとリラックスできる、落ち着くと感じる人は多いはずです。コーヒーのアロマにはリラックスできる効果とアンチエイジング効果があります。
コーヒーとポリフェノール
コーヒーにはポリフェノールが含まれているのをご存知ですか?ポリフェノールはぶどうなどに含まれ、アンチエイジング効果が高いことで人気のある話題の栄養素です。
コーヒーの中毒性
コーヒー中毒という言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、コーヒーには本当に依存性があるのでしょうか?